V-Ray Next for Unreal Workstation 1年レンタルライセンス

通常価格 ¥28,160

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

V-Ray for Unrealを使用すると「リアルタイム」と「レイトレーシング」の両方を手にする事ができます。

簡単に言うと

1.V-Rayシーンがそのままリアルタイムコンテンツになります。(VR化等)
2.Unreal Editorで直接、映画品質の高品位レイトレーシングレンダリングが可能になります。
3.V-Ray 3ds Max、Maya、SketchUp、Rhino等のV-RayシーンをUnreal Editorに直接取り込むことができます。
また、Unreal上でV-Rayを使用して、フォトリアリスティックなレイトレーシング画像を直接レンダリング、編集することができます。