Foundry MODO メインテナンス 初年度/既存ユーザー向け

販売価格 ¥62,260 通常価格 ¥65,560

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。
Foundry MODO 年間保守契約

MODO 11以前のライセンスをお持ちで初めてメンテナンスを契約されるお客様向けの製品です。

メンテナンス更新に関する重要なご案内 一度でも既存のメンテナンス契約を継続されずに30日以上の空白期間がありますと、メンテナンスを再契約される時を含め、翌年以降のメンテナンス更新は毎回、「更新・再契約」の価格となりますのでご注意ください。

MODO メンテナンスでは以下のサービスが提供されます。 1. メンテナンス契約期間中(1年間)は、リリースされるMODOの最新バージョン(マイナー、メジャーを問わず)が提供されます。 2. メンテナンス契約期間中(1年間)は、メールでのテクニカルサポート・ベータプログラム等最新の機能情報が提供されます。 MODO 11 クローズアップ より強化されたVR機能 MODO上で、VRに実際表示されることになる状態をプレビューすることが可能になり、MODOで作成したモデルをVR上で確認する手間が省け、大幅な作業効率の向上につながります。 リアルタイムコンテンツ制作のワークフローの強化 MODOで作成したコンテンツをリアルタイムゲームエンジンで読み込むワークフローが強化・改善され、MODO 10.0で初めて登場したゲーム出力ツールがMODO 11.0でより使いやすく、扱いやすくリデザインされます。 より高速化されたGL性能 インスタンスアイテム、レプリカサーフェイス、レプリカバウンディングボックスといった非常に負荷のかかる描画の高速化され、アニメーションの各フレームごとにキャッシュを行いより速い再生が可能になります。 主な追加機能 すべての3DビューポートにビューポートHUD(ヘッドアップディスプレイ)の実装され、最近使ったツールやカスタムで頻繁に使うツールに作業中でもすぐさまアクセス可能となりました。 ※MODO 11 は、MODO 11.0を含む約3回のアップデートにより、さらなる機能拡張が予定されています。 動作保証OS ・Windows 10(64ビットのみ対応) ・Mac® OS 10.13.x, 10.14.x, 10.15.x(64ビットのみ対応) ・Linux 64ビットOS(CentOS/RHEL7+) ※日本国内においては、Linux版はサポートいたしておりません。Linux版をご利用いただく方は、Foundryレジストリサイトより英語版をダウンロードの上、ご利用ください。 MODOを利用するコンピュータの「最小環境」、「推奨環境」などの詳細につきましては、「システム要件」のページをご覧ください。