VECTORWORKS ARCHITECTで学ぶ 住宅設計のためのBIM入門

通常価格 ¥3,960

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。
大手だけでなく中小規模の建築事務所でも広がっている「BIM(Building Information Modeling)」をVECTORWORKSで活用するための1冊
著者:原口 広、佐藤 和孝 定価:本体:3,600円+税 ISBN:978-4-86246-437-8 総ページ数:240ページ サイズ:B5判、オールカラー 発売日:2018年12月24日 【本書の特徴】 「BIM(Building Information Modeling)」は、これまでのCADソフトでの設計や図面製作にとどまらず、実際に使われる建築素材のデータも利用することで、資材管理やコスト管理など建築から施工、さらには維持管理までのすべての工程で活用でき、建築に関するあらゆる業務の大幅な効率化を図ることができる仕組みです。 これまでは大手のディベロッパーで使われてきましたが、最近では中小規模の建築事務所でも注目されています。本書では、小さい規模の建築でもBIMのメリットを分かっていただけるように、VECTORWORKS ARCHITECTで木造住宅を3Dモデル製作し、そこから建築図面の作成やさまざまなデータの取り出し方など、BIMの活用方法の詳細を解説します。
書籍の詳細情報は、この出版元の ウェブサイト をご覧ください。