ZBrush 入門編

ZBrush 入門編

拡大画像を見る

978-4-86246-075-2

ZBrush 入門編

販売価格:1,080 円(税込)
通常価格:6,480 円(税込)

ポイント:0 Pt

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

*アウトレット品のため、カバーがない、ページに若干汚れがある場合がございます。事前にご了承ください。

発売日:2008年11月

話題のCGIツールをできるだけ早く使いこなしたい。そんなクリエーターには、「ZBrush入門編」は最高の入門書です。ハリウッドで活躍するプロのアニメーター兼ZBrushアーティストのEric Kellerが段階を追って丁寧に説明する本書なら、まったくの初心者でも心配はいりません。付属のマクロやMOVデータを使用すれば、実際に著者の作業行程を確認できるため、短期間のうちに、この革新的なソフトウェアを活用できるようになるはずです。


[内容一覧]
Chapter1.ピクセル、ピクソル、ポリゴン、そしてデジタルアート制作の基礎
Chapter2.ZBrushのインターフェース
Chapter3.ピクソルのペイント-Part1
Chapter4.ピクソルのペイント-Part2
Chapter5.デジタル スカルプト
Chapter6.高度なスカルプト テクニック
Chapter7.カラー、テクスチャ、アルファ
Chapter8.レンダリング、ライティング、マテリアル
Chapter9.ZBrushと他の3Dプログラム
Chapter10.プラグインとZScript


【本書の構成】
Chapter 1 「ピクセル、ピクソル、ポリゴン、そしてデジタルアート制作の基礎」
ZBrushの概要、そしてデジタル画像の基礎知識や3D空間の理解を深めます。

Chapter 2 「ZBrushのインターフェース」
ZBrushのインタフェースを示し、制作時に使用する方法を説明します。
シェルフにあるツールや設定、[Draw]モードと[Edit]モードの違い、各パレットにあるツールの設定とサブパレットの使い方、3Dパラメトリックプリミティブやポリメッシュの操作などを学習します。

Chapter 3-4 「ピクソルのペイント-Part1、2」
簡単なコンポジションを作成しながら、ZBrushのさまざまなツールとテクニックを使用したエクササイズで簡単なスカルプトを体験します。またZBrushの代表的なツールでもあるZSphereを使用して、モデリングを行います。

Chapter 5 「デジタル スカルプト」
ZBrushでは、さまざまなスカルプトブラシを使用して、驚異的なレベルのディテールをモデルに簡単に追加することができます。ここでは、人間の頭蓋骨を作成する方法を学習しながら、基本的なスカルプトのワークフローを習得します

Chapter 6 「高度なモデリングテクニック」
基本的なスカルプトテクニックを発展させます。ここでは、メドゥーサのマケットの頭部をスカルプトしながら、さらに多くのテクニックを紹介します。すべての作業行程はムービーファイルで確認できます。

Chapter 7 「カラー、テクスチャ、アルファ」
ZBrushのカラー、テクスチャ、アルファは、すべてが関連し、同様の方法で使用できることから、初めてのユーザにとっては少し理解しがたい概念かもしれません。ここでは、この3つを使用して、メドゥーサのマケットにディテールを追加する方法を学習します

Chapter 8 「レンダリング、ライティング、マテリアル」
この章の目的は、ZBrushでのレンダリング、ライティング、マテリアルの処理に慣れることです。ZBrushのライトは使いやすく、スカルプトの補助として大いに役立ちます。ZBrushマテリアルの膨大なプロパティは、イラストレーションの制作時に独創的なリソースを無限に提供してくれます。

Chapter 9 「ZBrushと他の3Dプログラム」
既存のモデルをインポートし、ZBrushでディテールをスカルプトして、修正したモデルをZBrushで生成したバンプマップ、法線マップ、ディスプレイスメントマップとともにエクスポートする、という一般的なワークフローを学びます。Mayaを使用して、完成画像をレンダリングします。

Chapter 10 「プラグインとZScript」
ZBrushの機能は、プラグインやZScriptを使用して拡張することができます。
プラグインとは、プログラマーが記述したモジュールで、プログラムに機能を追加するものです。ここでは、ZBrushに付属しているか、Pixologic社から無償でダウンロードできるものを使用します。ZScriptとは、ZBrush固有のZScript言語で記述されたモジュールもです。


[本書の特徴]
・ZBrushのユニークなスカルプトとペイントを理解する
・ZBrushのインターフェースとツールを使用する
・2.5Dペイント、デジタルスカルプト、テクスチャペイントをマスターする
・ZBrushでのライティング設定、マテリアル作成、レンダリング方法を学習する
・モデリング、レンダリング、そしてモデル、テクスチャ、ディスプレイスメントマップ、
法線(ノーマル)マップのエクスポート、制作パイプラインを学習する
・ZBrushで制作したデータをフィルム、ゲーム、イラストレーションで使用される
Autodesk Mayaなどのその他の3Dアプリケーションに転送する
・付属のマクロやMOVデータを使用して、実際に著者の作業行程を確認できる


[DVDについて]
・各レッスンで使用するサンプルファイルとモデルに加え、各章のスカルプトプロセスを
示したZBrushのマクロスクリプトとムービーが収録されています。
・Microsoft Windowsオペレーティングシステム用のZBrush 3.1の30日間トライアル版も含まれています。


[著者について]
Eric Kellerは、1998年からプロのデジタルアーティストおよび3Dアニメーターとして活躍しています。
ディズニー、ESPN、ワーナー・ブラザース、ヒューレット・パッカード、Sony Imageworks、ABC Inc.と
いったクライアント向けに、映画やテレビ番組、サイエンティフィックビジュアライゼーションの分野で
ハイエンドなアニメーションを提供しているほか、Howard Hughes Medical Institute(ハワード・ヒューズ
医療研究所)やHarvard Medical School(ハーバード大学医学部)では科学研究およびビジュアライゼー
ション用のアニメーションを作成しています。


【対象読者】
ZBrush 入門者、3DCGクリエイター、芸術系学生など

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

LOGIN
アドレス
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

CART
商品数:
0点
合計:
0円

カゴの中へ

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力