CGキャラクターアニメーションの極意 -MAYAでつくるプロの誇張表現-

通常価格 ¥4,400

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。
生き生きとしたCGキャラクターアニメーションを作る極意がこの一冊に
生き生きとしたCGキャラクターアニメーションを作る極意がこの一冊に 本書では、動きで増える手足(マルチプルリム)、動きを表す線の表現(モーションライン)、ガタガタ震える様子(スタッガ)など、生き生きとしたキャラクターアニメーションを作る方法・秘訣をご紹介します。 プランニングからポーシング、仕上げまで。本書を読めば、アニメーションのなめらかな動きをつくる方法を学ぶことができます。また、苦手とされがちなMayaの[グラフ エディタ]の使い方も、本書でマスター。 各章には、世界をリードするキャラクターアニメーターのインタビューを掲載。また、登場キャラクター Mr.バトンズのリグや重要テクニックの紹介ムービーも付属データとしてダウンロードが可能です。 キャラクターアニメーター / 参加作品 Ken Duncan /『美女と野獣』『アラジン』『ライオンキング』 Jason Figliozzi /『シュガー・ラッシュ』『アナと雪の女王』『ベイマックス』 T.Dan Hofstedt /『ポカホンタス』『ムーラン』『プレーンズ』 Ricardo Jost Resende /『ザ・ナット・ジョブ』『雪の女王 新たなる旅立ち』 Pepe Sanches /『ぽこよ POCOYO』『Jelly Jamm』 Matt Willliames /『ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション』『プリンセスと魔法のキス』 本書は『Cartoon Character Animation with Maya』の日本語版です。 【著者について】 Keith Osborn は、フリーランスのアニメーター/アニメーションインストラクターです。アカデミー短編アニメ賞(2012年)を受賞した短編『モリス・レスモアとふしぎな空とぶ本(Fantastic Flying Books of Morris Lessmore)』ほか、キャラクターに特化したアニメーションの制作に参加。様々な分野で10年以上の経験を有しています。 【目次】 第1章:2Dで考える 第2章:プランニング 第3章:ポージング 第4章:ブレイクダウン(中割り) 第5章:リファイン(洗練) 第6章:誇張テクニック
書籍の詳細情報は、この出版元の ウェブサイト をご覧ください。