24時間で学ぶ!Unity 5 基本操作と開発のコツ -最低限、知っておきたい現場の常識!-

通常価格 ¥5,500

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。
24時間で学ぶ!Unity 5 基本操作と開発のコツ 最低限、知っておきたい現場の常識! Unity、24時間で学べます。
発売日:2016年9月下旬 著者:Ben Tristem、Mike Geig 定価:5,000円 + 税 ISBN:978-4-86246-354-8 総ページ数:424ページ サイズ:B5変(182 × 235 × 22 mm) Unity、24時間で学べます 「Unityは必要だけど難しそうなので手をつけられてない」 「業務があるから出来るだけ短時間で覚えたい」 「来週からUnityを使うって金曜日の夜に言われた!」 本書はこのような方に最適です。 Unityの必須スキルを24に分け、各章につき1時間程度の集中の続く配分で、途中で飽きない構成になっています。 章の最後には、解答例付きのテストと応用力を磨く練習問題が用意され、その章の内容をわかった気になる状態のまま進むことはさせません。 そして学んだ知識をフル活用して、復習も兼ねられる4本のゲーム制作も。 24時間後、あなたもUnity使いになれます。 書籍「はじめに」より Unityは、驚異的なパワーを持つゲームエンジンとして、プロ/アマを問わず大勢のゲーム開発者に選ばれています。本書は、ゲーム開発の基本原則を紹介しながら、読者の皆さんの学習スピードを可能な限りアップする(厳密に言えば24 時間)という目的で書かれました。特定のトピックのみを扱ったり、1 つのゲームに全ページを費やす他の書籍とは異なり、本書は幅広いトピックを取り上げつつ4 つのゲームを作成していきます。本書を読み終えることには、Unity ゲームエンジンを論理的に理解するだけでなく、いくつかのゲームを皆さんのポートフォリオに加えることができます。 本書の対象読者 本書は、Unity ゲームエンジンの使い方を学習したいすべての人を対象としています。学生であっても、ベテランの開発者であっても、何かしら新しい発見があるはずです。ゲーム開発の知識や経験があることを前提にはしていないので、初めての方も安心してください。楽しみながら読み進めていくうちに、さまざまな知識が吸収されていくはずです。 本書は24の章から成り、章ごとの所要時間は約1時間を見込んでいます。以下に各章の内容を紹介します。 Hour 1「Unity入門」 この時間は、Unityゲームエンジンのさまざまな基本事項を説明します。 Hour 2「ゲームオブジェクト」 Unityゲームエンジンの基礎的な構成要素、ゲームオブジェクトについて説明します。座標系とトランスフォーメーションについても学びます。 Hour 3「モデル、マテリアル、テクスチャ」 Unity のグラフィカルアセットパイプラインについて学びます。シェーダーとテクスチャをマテリアルに適用したり、これらのマテリアルをさまざまな3Dオブジェクトに適用する方法を学習します。 Hour 4「地形」 Unity の地形システムを使ってゲームの世界を作り上げる方法を学びます。地面を掘って手を汚し、独自の魅力的な景観を作りましょう。 Hour 5「環境」 作成した地形に環境効果を適用する方法を学びます。木や草を植えましょう! Hour 6「ライトとカメラ」 ライトとカメラについて詳しく説明します。 Hour 7「ゲーム1—Amazing Racer」」 最初のゲームを作成します。ここまで学習した内容を総動員してAmazing Racerの開発に取り掛かります。 Hour 8「スクリプト—Part 1」 Unityにおけるスクリプトの基礎を学びます。プログラミング経験がない方も安心してください。ゆっくりと基本から説明していきます。 Hour 9「スクリプト—Part 2」 Hour 8で学んだ内容を掘り下げ、より高度なトピックに焦点を当てます。 Hour 10「衝突」 Hour 10では、最新のビデオゲームでよく見られる、さまざまな衝突の相互作用を見ていきます。物理的な衝突だけでなく、トリガーを使った衝突についても学びます。また、物理特性マテリアルを作成してオブジェクトに変化を付ける方法も確認します。 Hour 11「ゲーム2—カオスボール」 再びゲーム作りの時間です! この時間はChaos Ballというゲームを作成します。その名の通り、さまざまな衝突、物理特性マテリアル、ゴールを使用します。 とっさの反応で混合戦略に備えましょう。 Hour 12「プレハブ」 プレハブは繰り返し使用可能なゲームオブジェクトを作成するのに優れた方法です。プレハブの作成および変更方法を学びます。また、スクリプトでプレハブを追加する方法についても学習します。 Hour 13「2Dゲームツール」 スプライトの使用方法やBox2D物理エンジンなど、Unityの強力な2Dゲーム作成ツールについて学習します。 Hour 14「ユーザーインターフェース」 Unity の強力なユーザーインターフェースシステムの使用方法と、ゲーム用のメニューの作成方法を学習します。 Hour 15「ゲーム3—Captain Blaster」 3つ目のゲームです! この時間は、レトロな宇宙船シューティングゲームのCaptain Blasterを作ります。 Hour 16「パーティクルシステム」 パーティクルエフェクトについて学習します。この章では、Unityのパーティクルシステムを使って魅力的な効果を作成し、プロジェクトに適用します。 Hour 17「アニメーション」 アニメーションとUnity のアニメーションシステムについて学びます。2Dおよび3Dアニメーションを作成したり、強力なアニメーションツールを使用します。 Hour 18「アニメーター」 UnityのMecanimアニメーションシステムについて学びます。強力なステートマシンの使い方やアニメーションのブレンド方法を見ていきます。 Hour 19「ゲーム4—Gauntlet Runner」 ラッキーゲームナンバー4はGauntlet Runnerです。このゲームでは、背景の新しいスクロール方法や、ブレンドされた複雑なアニメーションを構築するようアニメーターコントローラーを追加する方法を探究します。 Hour 20「オーディオ」 オーディオを介して重要な環境効果を加えます。2D および 3Dオーディオのさまざまなプロパティについて学びます。 Hour 21「モバイルゲームの開発」 この時間は、モバイルデバイス向けにゲームをビルドする方法を学びます。また、モバイルデバイスに搭載された加速度計とマルチタッチディスプレイも使用します。 Hour 22「ゲームの変換」 これまで作成した4つのゲームに戻り、モバイルデバイスでプレイできるように変更を加えます。モバイルにうまく変換できるコントロールスキームと、そうでないコントロー ルスキームがあることを学びます。 Hour 23「シーン管理とビルド」 複数のシーンを追加し、そのシーン間でデータを存続させる方法を学びます。また、ゲームの配置とプレイに関する設定についても学習します。 Hour 24「終わりに」 この時間は、ここまで Unityについて学んだ内容を振り返ります。今後の学習方法も含めて、役立つ情報を紹介しています。
書籍の詳細情報は、この出版元の ウェブサイト をご覧ください。