Webリテラシー 第3版 -ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 1-

通常価格 ¥3,300

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。
現場での仕事力が上がる定番ガイドブック、待望の第3版! Web業界の第一線で活躍する豪華な著者陣が、仕事に必要なWebの知識を、最新動向を踏まえて体系的・網羅的にわかりやすく解説しております。企業のWeb担当者やWebクリエイターはもとより、Web業界を志望する学生にも最適なガイドブックです。 本書は、(社)全日本能率連盟登録資格「Web検定」の公式テキストです。
発売日: 2015年12月24日 監修: 萩野達也(慶応義塾大学)、小田実(産業能率大学)、益子貴寛(株式会社まぼろし) 著者: 境祐司(Creative Edge School Books)、長谷川恭久、安藤直紀、樋口進(株式会社シンクエージェント)、野口貴史(株式会社インヴィニオ)、山本聰(株式会社サイズ)、長澤大輔(株式会社A&S)、原一浩(Greative GK)、佐藤伸哉(シークレットラボ)、矢野りん(バイドゥ)、植木真(インフォアクシア/ウェブアクセシビリティ基盤委員会)、中村享介(株式会社ピクセルグリッド)、田中正裕(アシアル株式会社)、中嶋文彦(電通) 総ページ数:224 ページ サイズ:B5変形版、4色 【本書の特徴】 重要なのは「情報にアクセスできるか」「どのような情報があるか」 第2版のときはパソコンだけでなく、携帯電話、スマートフォン、タブレットなどの情報デバイスを通じてインターネットに接続することが定着しましたが、その流れはウェアラブルデバイスや電子書籍、センサーと通信機能を持ったモノへと拡大の一途です。それにともなって、私たちが過ごすインターネット上の空間も時間も、飛躍的に増大しました。 そのような環境の中で、改めて注目されるようになったのが、コンテンツとユーザー体験の重要性です。私たちが常にインターネットに接続することが当たり前になり、「情報にアクセスできるか」「どのような情報があるか」を超えて、「ユーザーにどのような体験を提供できるか」が問われています。私たちに求められているのは、よりよいコンテンツ、よりよいユーザー体験という、実に本質的なことです。 第3版では、そうした前版以降に現われたさまざまな変化を網羅的に抽出し、再びこれからのWebサイト・サービス構築における「読み書き」といえる知識を整理・体系化しました。 【目次】 はじめに 本書の使い方 第1章:Webの基礎知識 1-01 インターネットとWebの歴史 1-02 WWWの仕組み 1-03 ブラウジング環境 1-04 サーバー環境 1-05 インターネットの問題点 1-06 コミュニケーションとしてのWeb 1-07 マーケティングとしてのWeb 第2章:インターネットビジネス 2-01 インターネットの市場価値と影響力 2-02 インターネットをビジネスに活かす 2-03 インターネットのビジネスモデル 2-04 インターネットのメディア特性 2-05 インターネットのデータ活用とWebサービス 2-06 モバイルインターネット 2-07 スマートフォンアプリ 2-08 ウェアラブルデバイス 2-09 電子書籍 2-10 コーポレートコミュニケーションとWebサイト 2-11 ブランディングとCSR 2-12 ECビジネス 2-13 インターネット関連法規 2-14 著作権 2-15 クリエイティブ・コモンズ 第3章:プロジェクトマネジメント 3-01 プロジェクトマネジメントの必要性 3-02 予算の設定と管理 3-03 スタッフの役割と管理 3-04 リソース管理 3-05 スケジュール管理 3-06 PDCAサイクル 第4章:Webサイトの企画・設計 4-01 Webサイト制作のワークフロー 4-02 比較による現状分析 4-03 評価手法による現状分析 4-04 ゴールの設定 4-05 コンテンツの企画 4-06 Webサイト設計の概論 4-07 サイト設計書 4-08 制作仕様書 4-09 情報アーキテクチャ設計 4-10 公開と運用 第5章:Webデザイン・制作実務 5-01 テキスト素材 5-02 画像素材 5-03 写真素材 5-04 映像素材・音声素材 5-05 インタラクティブコンテンツ 5-06 ビジュアルデザインの基礎 5-07 カラースキーム 5-08 タイポグラフィとフォント 5-09 コーポレートアイデンティティ(CI) 5-10 Web標準の概要 5-11 Webサイト制作の基本言語 5-12 Webアクセシビリティの概要 5-13 Webアクセシビリティ規格 5-14 プログラム関連の基礎知識 5-15 クライアントサイドプログラミング 5-16 サーバーサイドプログラミング 5-17 セキュリティ対策 5-18 新技術への対応 第6章:集客施策 6-01 Webマーケティングの全体像 6-02 インターネット広告の型式 6-03 リスティング広告 6-04 ソーシャルメディアマーケティング 6-05 SEO(検索エンジン最適化) 6-06 LPO(ランディングページ最適化) 6-07 アクセス解析ツールと継続的な活用 Web検定について
書籍の詳細情報は、この出版元の ウェブサイト をご覧ください。