Photographer’s Mind -どう撮り、見せるか。記憶に残る写真の作り方-

通常価格 ¥4,180

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。
素晴らしい写真は何が違うのでしょう?撮影は、カメラではなく頭の中で始まります。シーンを目前にしたら、勝負を分けるのは一瞬の反応です。第一線で活躍するフォトグラファーであり、著作家でもあるマイケル・フリーマンが傑作を撮影し続けるトップレベルのフォトグラファーたちの秘訣と謎を解き明かします
発売日: 2015年3月下旬 ページ:192ページ サイズ:252 × 236 mm 【本書の特徴】 素晴らしい写真、記憶に残る写真は何が違うのでしょう? 撮影のはじまりは、カメラでも、ビューファインダー越しの光景でもありません。 フォトグラファーの頭の中です。また、撮りたいシーンを目前にしたら、勝負を分けるのは一瞬の反応です。 メモリーカードやフィルムに記録されるのは、頭の中で創り上げられた画像なのです。第一線で活躍するフォトグラファーであり、著作家でもあるマイケル・フリーマンが傑作を撮影し続けるトップレベルのフォトグラファーたちの秘訣と謎を解き明かします。 現実をそのままに写し取るために作られたカメラは今や、斬新な画像を示し、新しい解釈で被写体を定義することによって、好奇心をそそり、驚きを与えることを期待される媒体になりました。世界的ベストセラー「Photographer’s Eye」の続編にあたる本書では、クリシェ(陳腐化) の回避、流行、スタイル、光、予期せぬことへの対処をはじめ、さまざまな切り口から写真を考察しています。また、最後の章では、ルックによる写真の演出方法を紹介します。 ===== 世界で50万人以上に読まれているベストセラー、『Photographer’s Eye:写真の構図とデザインの考え方』の続編です。 本書は、「The Photographer’s Mind: Creative Thinking for Better Digital Photos 」(Ilex Press刊)の日本語版です。 【著者について】 マイケル・フリーマン(Michael Freeman)は、世界で活躍する写真家であり著作家で、旅行、建築、アジア芸術を専門にしています。 写真の特殊効果に関する広い知識で知られるマイケルは、長年にわたり『Smithsonian』誌の中心的な写真家として活躍し、Time – Life 社の書籍や『National Geographic』誌にも多数の写真を提供しています。 『Photographer’s Eye:写真の構図とデザインの考え方』は、世界で40万人以上に読まれているベストセラーです。 【目次】 CHAPTER 1:意 図 主題の重層化 見た目の麗しさ さまざまな美 死せる怪物 クリシェとアイロニー ありふれた光景を作品にする リビール CHAPTER 2:スタイル 表現の幅 古典的なバランス 調 和 視線の誘導 対 立 ローグラフィックスタイル ミニマリズム ハイグラフィックスタイル 意図した無秩序 CHAPTER 3:プロセス 画像テンプレート インタラクティブな構図決め タイミングと動き ルック ハイパーリアル 強化(エンリッチ) 抑制(ドレイン) 輝き(ルミナンス) 索 引 謝辞、写真クレジット、参考文献
書籍の詳細情報は、この出版元の ウェブサイト をご覧ください。