やってはいけないCG制作

通常価格 ¥2,310

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。
ソフトを覚えただけで、たぶんこうだろうって思ってやったことは、現場では意外とNGなことが多い。大学や専門学校で教えてくれない、制作上でやってはいけないことと、その問題点&解決手段を、先生と弟子の会話形式で紹介。
発売日: 2014年12月下旬 ページ:160ページ サイズ:A5版 【本書の特徴】 CGや映像制作を一通り習って就職してみたはいいけれど、先輩から頼まれた仕事がうまくできないぞ!? 悩める弟子がうっかりやってしまった失敗を、師匠が心優しく、時に呆れて教えてくれるプロの知識と技 ソフトを覚えただけで、たぶんこうだろうって思ってやったことは、現場では意外とNGなことが多い。大学や専門学校で教えてくれない、制作上でやってはいけないことと、その問題点&解決手段を、先生と弟子の会話形式で紹介。 【目次】 画像合成を気分でやってはいけない 現実を無視した質感設定をしてはいけない いい加減なファイル形式を使ってはいけない モデルに合わせた法線を使わなくてはいけない 輝度と明度を一緒くたにしてはいけない ジョイントのミラーはスケールでかけてはいけない マップのサイズは2のn乗にしなくてはいけない マテリアルやレンダリングの項目で二重設定をしてはいけない レンダーコストを無視した設定をしてはいけない スマートオブジェクトを使わないでスケールをしてはいけない 合成するときに乗算済みかを確認しなくてはいけない 出力先を考えてエクスポート設定をしなくてはいけない バインドされたオブジェクトに直接アニメーションをつけてはいけない サイズ感を考えてモデリングしなければいけない
書籍の詳細情報は、この出版元の ウェブサイト をご覧ください。