Zentangle練習帳 -くるくる、ぽちぽち、パターンで作る不思議なアート

通常価格 ¥2,420

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。
やみつきになる楽しさ! ペンさえあればどこでもできる、書き込み式の練習帳です。練習用のスペースに描き込んでいくうちに、アイデアが無限に広がります。全ページにびっしりと描き込むころには、みなさんもタングルアーティストの仲間入り。
発売日: 2014年8月下旬 ページ:144ページ サイズ:A4変形版(296 × 222) 【本書の特徴】 やみつきになる楽しさ! ペンさえあればどこでもできる、書き込み式の練習帳です。練習用のスペースに描き込んでいくうちに、アイデアが無限に広がります。全ページにびっしりと描き込むころには、みなさんもタングルアーティストの仲間入り。 4人のゼンタングル認定講師が、基本の公式タングルはもちろん、自作のオリジナルタングルの描き方を紹介します。さらに、それぞれの得意分野であるファンタジーアート、マンダラ、クラフトなどへと取り入れた発展形ゼンタングルアートの作り方も惜しみなく伝授します。 身のまわりの小物やカードをアーティスティックに彩りましょう。 表紙のタングルをじっくり見たい方は、著者の1人、ペニー・レイラの ブログ をご覧ください。 【概要目次】 ゼンタングルとは この本の使い方 画材 始めましょう エンハンサー パターンとボーダー 個性的なタングル – ペニー・レイラ(CZT) ゼンタングル・インスパイアード・アート – ノーマ・J・バーネル(CZT) ゼンタングル・マンダラ – マーガレット・ブレムナー(CZT) 独創的なタングル – ララ・ウィリアムス(CZT) 【著者について】 ペニー・レイラ(Penny Raile) 「もの作りの達人」でありゼンタングル認定講師でもあるアーティスト。段ボールで作ったハト時計から、リサイクルショップの掘り出し物を寄せ集めて作ったロボットの数々(Whim-Bots)まで、斬新なプロジェクトで知られています。 詳しくは、 http://www.tangletangletangle.typepad.com/ および http://www.raile.typepad.com/ をご覧ください。 ララ・ウィリアムス(Lara Williams) ミクストメディア・アーティスト兼クラフト作家。ジュエリーメイキング、オリジナルのスタンプの彫刻、ドローイング、ペインティングなど、さまざまな素材や技能を探求するほか、ブログや新しいゼンタングルパターンの創作など、積極的に活動しています。 ノーマ・J・バーネル(Norma J. Burnell) フェアリータングル(Fairy-Tangles™)のアーティスト・トレーディング・カードでピープルズ・チョイス・アワードを何度も受賞しているほか、2011年10月にはゼンタングル認定講師の資格を取得しました。 マーガレット・ブレムナー(Margaret Bremner) 緻密なディテール、洗練された技巧、斬新さにあふれた作品が評価され、さまざまなメディアで活躍しています。タイニージェム、ブラッドピン、メタルディスクを使用した作品が多く、マンダラの制作も20 年ほど行っています。 詳しくは、 http://www.enthusiasticartist.blogspot.jp/ をご覧ください。 【詳細目次】 ゼンタングルとは この本の使い方 画材 始めましょう エンハンサー パターンとボーダー 個性的なタングル – ペニー・レイラ(CZT) 架空の生き物 フラックス ホリボー ロキシー プロジェクト#1:アクアリウム プロジェクト#2:ファンタジーガーデン プロジェクト#3:キノコのタングル モチーフのタングル ピカソとのチャネリング プロジェクト#4:シルエットのタングル ゼンタングル・インスパイアード・アート – ノーマ・J・バーネル(CZT) インスピレーションを求めて ポークリーフ ドラゴンエア チェーンリー プロジェクト#5:ハチドリ プロジェクト#6:フェアリー ZIAフェアリー ゼンタングル・マンダラ – マーガレット・ブレムナー(CZT) ウォーミングアップ プランタン ケイデント シン プロジェクト#7:ゼンタングル・マンダラ プロジェクト#8:マンダラのステンシル・ストリング 独創的なタングル – ララ・ウィリアムス(CZT) ストリングを作る ポペット ジッピー トゥインク プロジェクト#9:グリッタータングル プロジェクト#10:タングルフレーム 【ゼンタングルとは】 リック・ロバーツ(Rick Roberts)とマリア・トーマス(Maria Thomas)によって創り出されたゼンタングル(Zentangle)は、楽しく、瞑想的で、形式ばらないアート様式です。 パターンを繰り返し描いて緻密な作品へと仕上げていきますが、たとえ思い通りに描けなくても、消しゴムは使いません。そのストロークを生かして作品を仕上げていくのです。 ゼンタングルでは、アート制作の「プロセス」をゆったりとした気持ちで楽しむことに重点が置かれます。 https://www.youtube.com/watch?v=6h0XuK95omE https://www.youtube.com/watch?v=0-d2UdXAD7k https://www.youtube.com/watch?v=PTdKlc6gXmI
書籍の詳細情報は、この出版元の ウェブサイト をご覧ください。