デザイナーズFILE2018

Regular price ¥3,157

Tax included. Shipping calculated at checkout.
製品と建築。モノデザインの今。
発売日:2018年3月上旬 編集:カラーズ 定価: 本体2,870円 + 税 ISBN: 978-4-86246-409-5 総ページ数: 316 サイズ: B5 本書について 「デザイナーズFILE」は、プロダクトから工業製品、インテリア、空間、建築まで、あらゆる立体デザインを扱う日本唯一のデザイン年鑑です。 デザイナー、建築家をはじめ、モノ作りに携わる人々、そして学生など次世代のデザイナー候補の皆様にご利用いただいています。 2011年版からスタートした「デザイナーズFILE」は、おかげさまで、この2018年版で8年目を迎えました。 本書が日本のモノ作りにおいて、コミュニケーションメディアとしてお役に立てていることは、何よりの喜びです。 2018年版では、第一線で活躍する日本のデザイナー、建築家139組の最新の製品や作品を、プロフィールとともにカラー写真で紹介しています。 プロダクト関連を第1章、建築関連を第2章、第3章に「スケッチ&プロトタイプ」を掲載しています。 本号で掲載している作品からはプロダクトも建築も、いずれも“明日”を感じます。 消費者の日常に“明日”を持ち込むことも、デザインの役割の1つかもしれません。 もちろん“明日”を創造するのは設計者、エンジニアも同じです。 すべてのモノを、機能と意匠、あるいは中身と外側で考えると、機能、中身を作るのがエンジニアで、意匠、外側を作るのがデザイナーです。 もちろん機能まで踏み込んで作られたデザインも多く、逆にエンジニアが中も外も作る場合も少なくないでしょう。 そういった視点で掲載作品を味わうと、また別の魅力が見えてくるかもしれません。 デザインとエンジニアリング、2つの想いが結実した作品群をお楽しみください。 本書を通して、デザイナーとクライアント企業、デザイナー同士、デザイナーと学生などのさまざまな新しい出会いが生まれることを願っています。 そして、時代の美意識やすべての人の審美眼が底上げされるようなデザインを生み出していただくための一助となることが、本書の役割だと考えています。 本書は2018年現在における「日本デザイン」のパッケージです。 ・最先端の日本デザインの写真集/資料として ・デザイナーをお探しの企業の皆様のガイドブックとして ・学生などデザイナーを目指す方々の指標として 読者の皆様には、さまざまな視点で本書をご活用いただければ幸いです。 2018年2月 森屋義男(エディター)
書籍の詳細情報は、この出版元の ウェブサイト をご覧ください。