ゲームアート

Regular price ¥4,400

Tax included. Shipping calculated at checkout.
ゲームアートは、アート史における革命ではなく、進化形だ。 古典技法を身につければ、プレイヤーにエモーショナルエクスペリエンスを提供できます。
発売日: 2014年6月上旬 ページ:240ページ サイズ:B5変形版(229 × 267 mm) 【本書の特徴】 古典絵画を読み解き、ゲーム開発に生かす! 描画の基本、人体、美術解剖学、デザイン要素。巨匠の絵作りの秘訣とは!? 紙やカンバスに向き合う、コンピュータスクリーンに映し出す、どちらにしてもアーティストの使命は、平らなな四角形に奥行きを与え、生き生きとした世界を見せること。 基本の描画スキル、ライト、陰影、色彩からはじめ、複雑なキャラクターや世界の描き方へと進みます。 古典のアート技法を基本として身につければ、プレイヤーにエモーショナルエクスペリエンスを提供できます。 本書は「Game Art: Classic to Cutting-Edge Art Techniques for Winning Video Game Design」(Watson-Guptill刊)の日本語版です。 【著者について】 クリス・ソラースキ(CHRIS SOLARSKI)は、コンピュータアニメーション専攻で大学を卒業後、ロンドンのSony Computer Entertainmentで3Dキャラクターおよび環境制作してきました。 その後、ワルシャワ芸術アカデミー(Warsaw Academy of Fine Arts)で美術を学び、古典芸術とゲームデザインのつながりを発見します。 その経験をもとに本書を著し、現在はSolarski Studioを立ち上げてゲーム制作をしています。スイスの新進のソーシャルゲーム関連企業Gbangaのクリエイティブディレクターを務め、SAEインスティテュート、チューリッヒ校で講義を行っています。 【目次-仮-】 LEVEL 01 / 基礎 LEVEL 02 / 描画の実践 Level 03 / 人体 Level 04 / 美術解剖学 Level 05 / デザインの基本要素 Level 06 / 環境デザイン Level 07 / キャラクターデザイン Level 08 / 色彩とデジタルツール プロらしいポートフォリオを作成し、仕事を得る
書籍の詳細情報は、この出版元の ウェブサイト をご覧ください。