照明基礎

Regular price ¥7,700

Tax included. Shipping calculated at checkout.
本書は、ビデオ制作/映画撮影に必要な「ライティングの技法」と「影の演出」を習得するためのガイドです。
発行日:2006年7月 【本書の特徴】 本書は、ビデオ制作/映画撮影に必要な「ライティングの技法」と「影の演出」を習得するためのガイドです。コマーシャルフォト撮影テクニック中心ではなく、米国における映画やテレビの撮影現場で必要なテクニックとヒントを中心に解説します。光の物理的な側面を説き、カメラマンが必要とするエフェクトを得るための方法を見事に説明します。日本におけるライティング用語と異なるものもありますが、ハリウッドスタイルのライティングを楽しく理解することができます。 学生やプロレベルの作品を目指すアマチュア、作品のルックをより高めたいプロフェッショナルにとって、本書は基本事項を詳しく説明し、より良いパフォーマンスを得るためのテクニックの充実した情報を提供します。エフェクトを担当するCGクリエータにとっても必須の知識が習得できます。知っていれば、多大な費用と時間を節約する方法も紹介しています。 【本書で取り上げる内容】 Chapter 1 光の物理的性質 Chapter 2 メーター、モニター、スコープ Chapter 3 ランプ、リフレクター、照明機材 Chapter 4 さまざまな照明機材 Chapter 5 ビデオのコントラスト比 Chapter 6 機材の用途と役割 Chapter 7 ライティングの基本セットアップ Chapter 8 問題の回避 Chapter 9 ロケーションライティング Chapter 10 スタジオでのライティング Chapter 11 今後の方向性 Chapter 12 個々のライティングシチュエーション Chapter 13 用語集、用語とヒント 【著者紹介】 Chuck B. Gloman(チャック グローマン)は、フリーのプロデューサー、ビデオ撮影家、ビデオグラフィーディレクター、編集者であり、企業トレーニングからテレビコマーシャルまでさまざまな分野の経験があります。「Videography, Television Broadcast, TV Technology, Mix」、「Government Video.」に定期的に記事を執筆しており、ペンシルバニア州のDeSales大学では、テレビと映画についての講義の教鞭をとっています。 Tom LeTourneau(トム レトルノー)は、フリーのライティングデザイナーで、シカゴ地区のLeTourneau Productions Services社のオーナーでもあります。 【対象読者】 ビデオカメラマン、フィルムカメラマン、照明技師、CGアーティスト