Thinkbox XMESH MX Support & Maintenance

Regular price ¥13,090

Tax included. Shipping calculated at checkout.
実績ある、ジオメトリー キャッシング、より早く、スマート、そして簡単。 XMesh™は、重たいシーンや、作業困難な3Dアセットに悩まされる全てのアーティストの味方です。
クリエイティブアプリケーション間でデータが有する機能性を損なう事なく、移動するシーンで役立ちます。実作業を行うアーティスからシステム構築を行う方まで、Autodesk® 3ds Max®、 Autodesk® Maya®もしくはThe Foundry® NUKE®を使用するすべての大きなファイルを扱う方にとって、 XMesh™をパイプラインに組み込む事で大きな恩恵をもたらします。 どのように作用するのか? XMeshプラグインはアニメーションされたシーンジオメトリを圧縮形式で保存します。 ファイルサイズが小さくなることにより、読み込み時間、操作、そして施設間や、アプリケーション間での共有を高速します。アーティストは素早く他の内部部門や外部の施設と、CGアセットを共有したり、受け取ったり、またそのファイルをファイルを開く事が可能になります。 インテラクティブなパフォーマンス 様々な保存オプションの中で、XMeshはフレームを、数千の個別のシーンオブジェクトではなく、一つのメッシュとしてキャッシュする機能があります。これにより3ds MaxとMaya間での高速な相互作用を促進します。XMeshはマルチスレッド化されており、他のソリューションより短時間でシーンの保存と展開が可能です。そして、生成されたデータはビューポートで非常に高いパフォーマンスを発揮します。 データ圧縮 可逆データ圧縮により、XMeshは小さなファイルサイズでありながら、クリエイティブホストアプリケーションの全ての作業工程をバイパスできるように、元のファイルの全てのデータを保持しています。 各データのチャンネルは、別々に保存され、必要に応じて、個別に読み込みが可能です。さらにフェースと頂点のみのモードでパフォーマンスを向上させます。 データの交換 ファイル形式として、XMeshはアプリケーション間を迅速かつシンプルにジオメトリを移動させるデータとなります。 データは常に同一に保たれ、アーティストは、アプリケーション間でメッシュアセットを効率的に、行き来できます。 より高速なレンダリング XMeshファイルは、複雑なアニメーションリグ、パーティクル、リジッドボディーシミュレーション等の必要な事前処理を既に済ませており、レンダリングの際のフレーム事の再計算を省き、高速な展開を可能にします。 XMeshを使用すれば、3ds MaxやMayaの、読み込みに数分を要する重たいシーンファイルでも、ジオメトリアセットの外部化により、数秒で読み込める軽いシーンファイルになります。これは多くのワークステーションやレンダーノードを横断して使用する際に、特に大きな違いを生み出します。 小さなデータフットプリント XMeshファイルは他のジオメトリベイキングソリューションに比べ、大幅に小さなファイルとなり、ストレージ容量を小さくでき、ローカル、リモート両方のレンダリングに恩恵をもたらします。 同一のチャンネルデータは、フレーム間で共有ができ経時的なデータ複製を排除します。 再利用可能なジオメトリアセット キャッシュされたXMeshファイルは、将来のプロジェクトのために格納されアクセスが容易になります。XMeshのアセットは、調整、リタイミング、編集、スケール、ワープが可能で、アーティストは順応性の高い作品のライブラリーを作成できます。 例えば、コマーシャルの案件で使用した水飛沫を、長編映画の河川での足跡用途に再利用できるかもしれません。キャラクターアニメーションは何百回も複製し、時間に対しオフセットを掛ければ、群衆を簡単に作成できます。その他にも様々な利用の仕方があります。 動作環境 ■Autodesk 3ds Max  3ds Max バージョン 2010, 2011, 2012, 2013, 2014, 2015, 2016(各64bit のみ)   ■Autodesk Maya  Maya バージョン 2012, 2013, 2014, 2015, 2016(各64bit のみ)   ■Foundry Nuke  Nuke バージョン 7.0, 8.0, 9.0